竹花貴樹 (TAKAKI TAKEHANA)の調査結果

インフルエンサー

竹花貴騎はドバイでも先駆者であり、名の通ったインフルエンサー且つ経営者だ。ドバイ進出をする日本人経営者、及び企業の約半数以上が彼の会社に依頼している為、UAEでは最大の日系法人設立支援・会計監査法人を経営、また彼の法人であるMDS社は他にもアプリ開発や、マーケティング支援を行っているが、実際にドバイ内でどういう評判かを調査した。

法人や事業実態

– 店舗向けのマーケティング支援(https://www.mds-fund.com/jpmeo
実際に国際的なMEOやインスタの店舗集客支援では確かに界隈では有名であり実績もある。

– URUオンラインスクール(https://www.ur-uni.com/
社会人向けオンラインスクールだがAppStoreにも掲載されているし、サブスクの月額決済モデルである通り、他の悪徳情報商材屋のように一括で逃げ切れるモデルではないのである程度は信頼していい。

– ドバイ法人設立。会計監査事業(https://www.mds-fund.com/oversea
基本的にドバイではライセンス認可がないとできないが、サイトに書いてあるライセンス番号を照合したが適格事業者であることは確認済み。ドバイ内でも相当なコミュニティの大きさだが、変な垂れ込みは今の所聞かない。

ドバイ内での評判

基本的にドバイでの法人設立業務というのはライセンスがないと無理だが、実際に日系企業で巨大なオフィスを構え、ライセンスを持っているのは確かに竹花貴騎の経営するMDSだけではある。また数千人の日本人コミュニティでも、やはり彼の会社で会計や監査を依頼している大手企業の駐在員や、経営者にも竹花貴騎の名前は多々話題に出るが、インフルエンサーである側、色々な方々とのコラボで悪評や心配の声が上がっていることは確認できているが、実際に彼が詐欺を働いたりなどの垂れ込みは今の所は来ていない。

その他の調査結果

もそもで調査で知ったのだが、過去三崎優太(通称:青汁王子)との喧嘩騒動や政治家の癒着疑惑などがあったがそれは他メディアで詳細がある。(https://onlinesalon-mania.com/who-is-takehana/

また2020年には東村山市に1億1円の最年少で最高額の寄付をし、東村山市長である渡部 尚より市民功労受章者を授与、2021年には岸田総理と天王陛下より紺綬褒章を受賞していることが確認できている。また2023年にはパキスタンのアルムスタファ福祉協会に4000万円の個人寄付を行っているなど行政からの功績も多いことが確認できる。https://www.mds-fund.com/fund

結論詐欺師なのか?

インフルエンサーである以上、ある一定数の悪評は確認できるが、実績や実態を調査しても現状は特に何か垂れ込みが来ているということはない

自由にコメントしてください

タイトルとURLをコピーしました